ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして1話のネタバレ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして1話のネタバレを紹介します。

 

1話「雪の降る夜に出会った少女はパスタを食べたことが無いと言った」

 

「おらよ!もっときつく締めねえか!」

 

「いつも言ってんだろ!できそこないのクズ娘が!」

 

「もっとだよもっと!アホなのかおめえは!」

 

罵声を浴びながら、ある一人の女の子が父親から性的虐待を受けていた。

 

お腹が空いたと口答えするなら、頬を叩かれ、父親の暴力から逃れることができない女の子。

 

ある夜、父親がお酒を買いに行った隙に家から逃げ出した女の子。

 

雪の降る夜道を行くところもなく、父親から逃げる一心で走り続ける女の子。

 

途中、疲れた女の子は電信柱のところでしゃがみ込んでしまう。

 

そんな女の子を見かけた一人の男性が女の子に近寄り、保護しようと警察に連れて行こうとするが、女の子は嫌がり男性から逃げるように走り出すが、転んでしまい気絶しまった。

 

男性は女の子は保護し、とりあえず自宅に連れていくことに。

 

気絶から目を覚ました女の子に男性はパスタを作り食べさせようとするが…。

 

女の子はパスタをじっと眺めるだけで一向に食べようとしない。

 

男性はとりあえず名前だけでも聞かせてよと女の子に言い、まず自分は「石川」と名乗る。

 

女の子はぼそり「ナナ」と言った。

 

男性は本名なのか偽名なのか分からなかったが、唯一彼女のことで分かったことだった。

 

男性はナナを再度警察に行こうと言うが、ナナは頑なに拒否。

 

そんなナナを見た石川はパスタを食べなよと勧める。

 

お腹が空いていたナナは石川に勧められ仕方なくパスタを食べてみるが…あまりの美味しさに一気に食べてしまった。

 

「なんていうんですか、この料理の名前」

 

ナナはパスタを知らなかった。

 

そして、ナナはパスタのお礼に飽きるまでやらせてあげると石川に迫る。

 

石川のズボンのチャックを下ろし手で石川のチ〇ポをしごき始めるナナ。

 

ナナのテクニックに悶絶する石川。

 

そんな石川を見ながらナナは手からお口でチ〇ポを咥え始める。

 

我慢できなくなった石川はナナのお口に射精。

 

ナナは石川の精子を飲み込み、私の穴に入れていいですよと言う。